top of page
  • 直美 相沢

オードリー・ヘプバーン

「オードリー・ヘプバーン」のドキュメンタリー映画を観ました。


何故彼女がこのように後世まで、唯一無二の存在として私達の心に存在するのか、私達が知らなかったオードリーがそこには描かれていました。


オードリーの知られざる一面です。

スクリーンで見る彼女の笑顔からは想像できない、辛く複雑な過去やプライベートが彼女にはありました。


彼女の孫はこう答えています。


「世界一愛されていた人が愛に飢えていたなんて、悲しい。」


しかし、愛されなかったと卑屈になるのではなく、自分はどんな時も人を愛するんだという信念、行動が彼女を突き動かしていました。

だから、多くの人に愛される。

人は与えられることを求めがちですが、与えなくては何も返ってこないという教訓です。


「人生で成し遂げた一番重要な事は、苦しみをあとから助けにできたこと、無条件に愛せたこと。」

彼女の人生はまさに、沢山の人から愛された人生だったと思います。

オードリーの美しさは、自分の苦しみを人の助けにかえ、人を愛した事から生まれていた事を知りました。


彼女の友人はこう言います。

人生最期に自分を愛せたのではないか。

そして、生涯最期に愛した男性は、彼女に初めて愛されているという安心を与えました。



ムーンリバーの音楽と共に、オードリーが甦る。


こんな美しいひとがいたでしょうか。


bottom of page