top of page
  • 執筆者の写真直美 相沢

40代からのエイジング道


エイジング。


これは、本当に女性であれば誰もが直面する問題です。男性でも特に最近は、脱毛だ、肌ケアだと言っていますが、女性のエイジングケアへの関わり方と男性の関わり方では、正直ちょっと違います。やって当たり前、やらなきゃなんか減点をつけられがちなのが女性、やったら加点されるのが男性といったイメージです。それどころか加齢が味となって魅力ポイントを上げるのは、残念だけどやはり男性の方。うらやましい笑


しかし、年齢、経験を重ねることで内から溢れるもの、若いときには無かった魅力が歳と共に表れてくることは、女性も同じです。若い頃の見た目のままがいいと思うのは、ナンセンスです。新しい家族ができたり、子供を授かったり、仕事のキャリアを積み重ねるといった、環境の変化による経験。他にも、様々な文化に触れたり、新しい場所に行ったり、美しい景色やものを観て感じることが、洗練された感覚を造っていくと思います。

だから誰もが持つそれらを表現できていれば、エイジングは大成功!です。


これに不可欠なのが「表情」です。肌を綺麗にしても、メイクをしても、髪型を決めても、表情が良くなければ、間違いなく良い印象にはならないと思います。折角、リフトアップしても、しわをなくしても無表情だったら怖いです。(こちらに関しましては、美容施術をされてからのお悩みのご相談を受けますので、また改めてお話できればと思います。)

ですが、これを表現するのはなかなか難しい。内に秘めているのでは無く、ちゃんとそれが人から見て、最近では写真や動画を見て、素敵に映っていなくてはということになるからです。まして、40代くらいからの世代は、写真、動画を撮られることに慣れていません!

(プリクラくらいですよね笑)


その中で、今まで来て頂いた生徒さんの多くは、これらを察知し、表情の大切さに気づいてご連絡をくれます。

これって、その時点ですごいですよね。

表情良くないと印象良く見えないことに気づくというこに、教える立場ながら、すごいと思います。それだけ、自分を写真や動画で見る機会も増えたということです。

昔なら、モデルやタレントといった職業でなければ、ここまで表情、自分の顔を気にすることはなかったと思います。


誰しもが自分をプロデュース、パフォーマンスする時代になりました。

エイジングもその1つです。

40代からのエイジングに欠かせないもの、それは、「表情」だと思います。

そして私は、30歳の自分より今の自分の見た目の方が好きです。




Comments


bottom of page